閉じる

「お金の使い方を考えるべきだ」 宮城知事、まん延防止に問題提起

 36都道府県で適用されている新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置を巡り、現時点での適用に慎重な村井嘉浩知事は14日の定例記者会見で「感染者数は下がっていない。効果が出ないならば、どういうお金の使い方をすれば患者を抑えられるかを国として考えるべきだ」と述べた。

 効果が不透明との見方もある中、重点…

残り 442文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ