FAQ

オミクロン株派生型「BA・2」宮城初確認 仙台の検体から検出

 仙台市は18日、市内の新型コロナウイルス患者の検体をゲノム解析した結果、オミクロン株の派生型「BA・2」が検出されたと発表した。派生型の感染確認は宮城県内で初めて。

 患者は2月上旬に発症。海外滞在歴はなく、市保健所は市中感染とみている。不特定多数との濃厚接触はない。重篤ではなく既に療養を終え、回復…

残り 105文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る