山形中心部の「御殿堰」、景観に磨きかかる 「街に誇りを」官民で整備

 山形市中心部で、歴史的な水路「御殿堰(ごてんぜき)」(約17・5キロ)を活用したまちづくりが再び注目されている。民間が「街に対する市民の誇りを高めたい」と景観に合わせた建物を設計したのをきっかけに、市は江戸期の意匠を反映しようと石堤を復活させた。官民で協力し、御殿堰の見どころを増やす動きが進む。

歴…

残り 880文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ