FAQ

山形の「ライオンパン」来月廃業 創業71年、学校給食や購買部で販売

 創業71年の老舗で、学校給食や高校の購買部などで長年親しまれた山形市鳥居ケ丘の「ライオンパン宝生堂」が今月末で店舗営業を、3月末で給食納入を終了する。製造施設の老朽化や少子化には勝てず、2代目の佐藤矩昭社長(78)が廃業を決意。店には懐かしの味を求めて多くの客が訪れ、別れを惜しんでいる。

少子化響き…

残り 802文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る