JFLきょう開幕 ソニー仙台、7年ぶりV狙う

 アマチュアサッカー最高峰の日本フットボールリーグ(JFL)は13日に開幕する。ソニー仙台は多くのJリーグチームを率いてきた鈴木淳監督(宮城県亘理町出身)を迎え、7年ぶりの頂点を目指す。

 昨季は開幕5戦で3勝1敗1分けと好スタートを切ったが、中盤失速して6位に終わった。辞任した中村元監督の後任として、J2山形やJ1大宮などで豊富な経験を持つ鈴木監督が就任した。

 近年のJFLはアマチュア選手主体の企業チームや地域クラブに加え、プロ選手を要してJ参入を目指すチームが増えて群雄割拠の構図となっている。今季は55歳の元日本代表、三浦知良が鈴鹿ポイントゲッターズに加入。これまで以上に注目を集めそうだ。

 ソニーで今季選手会長を務めるMF石上輝は「リーグ優勝、天皇杯16強以上が目標。自分たちのサッカーをぶれずに1年間突き通したい」と意気込む。ホーム初戦は19日午後1時、県サッカー場にヴィアティン三重を迎える。三浦が所属する鈴鹿とは4月17日にユアテックスタジアム仙台で対戦する。

練習で選手に指示を出す鈴木新監督=10日、多賀城市・ソニー仙台テクノロジーセンターグラウンド

鈴木監督「創造性あふれる試合を」

 かつての名手が指揮官として故郷のピッチに立つ。鈴木監督は「いつかは宮城でという思いがあった。創造性あふれるサッカーを見せたい」。60歳の挑戦が始まった。

 昨季までの攻撃サッカーを継承した上で、状況判断を重視したプレーを植え付けようとしている。「縦に速いのは悪いことじゃないが、やみくもに速いのは好きじゃない。状況を見て相手の隙を突くのがサッカーの楽しさ」。豊富な経験に裏打ちされた指導に、中心選手の石上も「ここまでしっかりサッカーに向き合えている」と話す。

 鈴木監督は仙台向山高在籍時にワールドユース日本代表に選出。マラドーナ擁するアルゼンチンが頂点に立った大会で、前J1川崎監督の風間八宏さんらとともにプレー。筑波大卒業後は日本リーグのフジタ工業やJ2仙台の前身ブランメル仙台に所属した。

 監督としては山形や新潟、大宮、千葉を指揮。2016年から日本協会でJリーグの監督に必要なS級ライセンス取得を目指す指導者養成に当たってきた。

 協会在籍中もJクラブから監督就任の誘いがあったが、仕事の継続性を考えて断ってきたという。ソニーのオファーに応えたのは「お世話になった地元に貢献したい思いがずっとあった」。20代前半が中心の若いチームに、サッカーの楽しさを根付かせようとしている。(安住健郎)

【ソニー仙台の選手・スタッフ】
監   督  鈴木  淳 60
コ ー チ  本多 進司 44
       新田 琢人 24
GKコーチ  金子  進 37
トレーナー  久保 和輝 26
       池原  亮 30
GK1    古川 裕貴 28  183 79 仙 台 大
  21   鴨川 優斗 24  181 82 関 西 大
  26   佐川 雅寛 25  180 80 中   大
DF3   ☆池内 龍哉 22  176 67 産業能率大
  4   ☆沢田 雄大 22  182 78 東京学芸大
  8   ☆山森 俊希 22  166 60 八戸学院大
  16   松本 拓海 24  167 65 国士舘大
  19   鈴木 友也 23  178 68 関東学院大
  22   福宮弘乃介 23  180 75 阪 南 大
  23  ☆塩崎 悠司 22  180 75 中   大
  24   吉川 佳介 25  169 64 新潟医療福祉大
MF5    平田 健人 25  180 73 大阪体育大
  7    吉森 恭兵 27  161 65 流通経済大
  10   藤原 元輝 28  173 65 東海学園大
  11   佐々木敦河 23  176 67 環太平洋大
  14   吉野  蓮 24  176 72 仙 台 大
  15   鈴木啓太郎 24  171 67 順   大
  17  ☆金子 大晟 22  176 69 国学院大
  18   秋元 佑太 29  170 68 中   大
  25   石上  輝 25  171 68 順   大
FW2    三浦 祐希 28  178 77 愛知学院大
  6   ☆瀬尾 純基 22  165 62 大阪体育大
  9    内野 裕太 30  178 80 拓   大
  13  ☆山田 晋平 22  176 76 中 京 大
  20   上野 瑶介 23  180 74 順   大
〔注〕☆は新加入、ポジションの後は背番号、氏名、開幕時の年齢、身長(センチ)、体重(キロ)、前所属

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る