3回目接種券 仙台市は来月15、28日発送 16カ所に会場集約

(写真はイメージです)

 仙台市は14日、新型コロナウイルスワクチン3回目接種に関し、4月の接種券送付スケジュールと集団接種体制を発表した。昨年10月3~18日に2回目が完了した約6万8000人には4月15日に接種券を発送。10月19日~11月2日に2回目を終えた約5万7000人には28日に発送する。

 集団接種会場は22カ所から16カ所に縮小する。うち2カ所で毎週水、木曜に夜間接種を実施する。接種対象に若い人が増え、利便性の高い場所に会場を集約した。1週間に約6000人の接種能力は維持する。

 会場から外れるのは折立、吉成、宮城西の各市民センター(青葉区)、生出市民センターと秋保診療所(太白区)、実沢小(泉区)。

 夜間接種はTKPガーデンシティPREMIUM仙台西口、新東北ビル(青葉区)で、4月6日以降の午後6時45分~午後8時15分に実施する。

 ワクチンはTKPと新東北ビルは米ファイザー製、それ以外は米モデルナ製を使用する。4月2~17日接種分は3月19日に、4月20~28日接種分は4月9日に予約受け付けを始める。

 満12歳を迎えた児童らを対象とした1回目接種は2、3、16、17日にTKPで行う。2、3日分は3月26日に、16、17日分は4月9日にそれぞれ予約を開始し、専用コールセンターと予約サイトで受け付ける。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る