FAQ

出番待つサンマ船(宮城・気仙沼)

空から見た復興のかたち(16)

 気仙沼漁港(宮城県気仙沼市)の通称「コの字岸壁」に、約200トンの大型サンマ船がずらりと並ぶ。全長は45メートルほど。一回り大きなマグロ船のそばで、大半は漁が本格化する8月までじっと出番を待つ。

 港は東日本大震災の津波で大きな被害を受けた。停泊していた船は陸に打ち上げ…

残り 205文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る