閉じる

出番待つサンマ船(宮城・気仙沼)

空から見た復興のかたち(16)

 気仙沼漁港(宮城県気仙沼市)の通称「コの字岸壁」に、約200トンの大型サンマ船がずらりと並ぶ。全長は45メートルほど。一回り大きなマグロ船のそばで、大半は漁が本格化する8月までじっと出番を待つ。

 港は東日本大震災の津波で大きな被害を受けた。停泊していた船は陸に打ち上げ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ