FAQ

「震度6以上だったら…」 仙台の高校生、地震の夜「約束」果たす

 「あの時のような大地震が起きたら、近所の高齢者を見回ろう」。宮城、福島両県で最大震度6強を観測した地震の夜、「約束」を果たした2人の高校生がいた。

 高齢化の進む仙台市宮城野区の住宅地。強い揺れが収まって間もない17日午前0時すぎ、住宅のチャイムが鳴った。

 「行くぞ」。高校1年富田隼平(じゅんぺい)…

残り 635文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る