歓送迎会、宮城県職員が率先 知事、会食を公開しPR

3卓に分かれ、会食を楽しむ村井知事(右端)

 新型コロナウイルスの感染拡大で飲食店の客足が遠のく中、宮城県は29日、感染対策を徹底した「認証店」で、職員が積極的に会食する取り組みを始めた。村井嘉浩知事は自ら参加する様子を報道陣に公開し、対策と経済の両立を県民に呼び掛けた。

 県は「街に元気を取り戻せ!率先!みんなで飲食キャンペーン」と銘打ち、歓送迎会シーズンの4月末まで展開する予定。自粛ムードを転換しようと、認証店で使える割増食事券の利用再開日に合わせて始めた。

 村井知事は午後5時、仙台市青葉区の認証店で経済商工観光部と環境生活部の有志計12人で懇親会をスタート。消毒や検温、仕切り板の設置などを確認後、3卓に分かれ、マスクを脱着しながら親睦を深めた。

 村井知事は「1テーブル4人以内であれば、30人でも40人でも会食できる。対策を徹底すれば、全く問題はない。安心し、みんなで(飲食業界を)盛り上げてほしい」と語った。

 食事券の利用期限は4月30日まで。既に販売は終了しているが、発行済みの約23万2000冊の約1割が未利用という。認証店は29日現在、3424店舗。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る