閉じる

震災の教訓、遺構「門脇小」から発信 4月3日一般公開

 宮城県石巻市の東日本大震災遺構として整備された旧門脇小の一般公開が、4月3日に始まる。岩手、宮城、福島3県の被災地で最後に公開される震災遺構。保存の是非や方法を巡る曲折を経て公開まで11年余を要した。津波火災の爪痕を唯一残すとされる校舎を中心に震災の教訓を発信する。

保存の是非など議論積み重ねる

 敷…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ