「18歳成人」契機、需要高まる金融教育 出前授業や児童対応の充実図る 宮城の銀行など

 宮城県内の金融機関が金融教育に力を入れている。地域貢献の一環として取り組みを進めてきたが、4月から高校家庭科に追加される資産形成の授業や、民法改正による成人年齢の18歳引き下げなどを背景に、高校の出前授業で扱う内容を調整。子どもの頃から金融に触れられる場を拡充する金融機関もある。

 県信用保証協会(…

残り 879文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ