若冲の魅力、大画面で紹介 仙台・クロスBプラスで美術講座

大型ビジョンに映された若冲作品を見る参加者

 「奇想」と呼ばれる日本画家について動画や分かりやすい解説で学ぶ「プレミアム美術講座」(河北新報社、日本経済新聞社主催)が3日、仙台市青葉区の複合施設「クロスBプラス」であった。3回続きの初回で「奇才」「異端児」と評される江戸時代の画家伊藤若冲(じゃくちゅう)を取り上げた。

 日本経済新聞社の文化教養講座「日経アートアカデミア」の動画を大型ビジョンで上映。2000年以前は知名度が低かった若冲の人気が高まった経緯、作品のリアルな描写や遊び心といった魅力を紹介した。

 元吉本興業のお笑い芸人で美術の魅力を伝える「アートテラー・とに~」さんが講師として登壇。「若冲作品に海外では『シュールレアリスムのようだ』という反応が多い。写実的に見えて、現実にないような物を描いている」と語った。

 約70人が参加。名取市の住職長沢信幸さん(69)は「映像がきれいで見やすく、説明も良かった」と話した。

 同じ会場で14日に長沢芦雪(ろせつ)と曽我蕭白(しょうはく)、24日に円山応挙と小村雪岱(せったい)を取り上げる。参加料は各4000円(デザート・ドリンク付き)。連絡先は河北新報社事業部022(211)1332。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る