FAQ

<アングル宮城>当世林業事情 巧みな技 循環守る

 世界的に環境保全の意識が高まる中、林業の現場はどうなっているのか。宮城中央森林組合(仙台市泉区)の伐採作業班員による間伐に同行した。

 宮城県利府町役場から北に約3キロの森郷地区の山林。午前8時半、図面を広げ、班員5人全員で工程を確認した後、伐採を始めた。チェーンソーがうなりを上げ、木くずが飛び散る…

残り 321文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る