FAQ

宮城・志津川高がIT人材育成で新授業 東京の企業と連携

 宮城県南三陸町の志津川高は本年度から、IT(情報技術)に強い人材を育てる新しい授業を始める。世界中に普及するパソコンの無償基本ソフト(OS)「リナックス」を扱う技術者を認定する国際機関と国内の高校で初めてパートナーとなり、東京の連携企業の社員が講師を務める。

 「南三陸高」に校名変更して2023年度…

残り 820文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る