FAQ

電流を流す繊維、見守りに活用 仙台のベンチャーが実用化目指す

家具に使用、人の動きリアルタイムで把握

 東北大で生まれた電気を通す天然繊維を活用した健康・介護製品開発を手掛けるベンチャー企業、ビヨンドエス(仙台市)が、健康管理に活用できる家具や見守りシステムの実用化を進めている。シルクや和紙などをセンサーとして、椅子やベッド、壁紙などに使用。人の動きをリアルタイ…

残り 687文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る