「ウクライナ避難民支援に資金必要」 ポーランド駐日大使、福島で訴え

隣国ウクライナへの支援を呼びかけるミレフスキ大使

 ロシアによる侵攻が続くウクライナの隣国ポーランドのパベウ・ミレフスキ駐日大使が13日、福島県内を視察後に県庁で報道陣の取材に応じた。日本の積極的なウクライナ支援に謝意を示し「ウクライナ国内は悲惨な状況が続いており、できる範囲で支援を続けてほしい」と呼びかけた。

 ウクライナからポーランドへの入国者は、これまでに計250万人超。ポーランドでは難民キャンプを造らず、避難者を各家庭に迎え入れて保護する方針を採っているという。子どもの就学や生活支援など、課題が山積している。

ホームページに募金窓口

 都内のポーランド大使館にはウクライナ支援に関する相談や問い合わせが殺到しているといい、ミレフスキ大使は「ポーランドは今、ウクライナからの避難者を支える資金を必要としている。大使館のホームページ上に募金窓口を設けているので、少しでも金銭的な助けを頂けるとありがたい」と話した。

 福島県内では、福島県浪江町の「福島水素エネルギー研究フィールド」などを視察。ポーランドでも水素関連の研究開発が国家プロジェクトだといい、「福島で共同プロジェクトを始めるなど両国の協力関係を発展させていければいい」と期待した。

 東京電力福島第1原発事故からの復興状況については「目で見るだけでは分からない苦労があるのだと思う。元の生活に戻るには長い時間が必要かもしれないが、世界中が福島の復興を応援している」と述べた。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る