閉じる

交流の中心にワイナリーを 新規就農の男性、ブドウ栽培に奮闘

 宮城県七ケ宿町にワイナリーの設立を目指し、新規就農した男性が奮闘している。白石市の荒井謙さん(33)は2年前から町内でワイン用のブドウを栽培。廃業予定だった果樹園を継承し、リンゴのシードルなども醸造する計画で「ワイナリーは観光につながる。人の交流を増やすお手伝いができればうれしい」と夢を描く。

リン…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ