秋保産ブドウでブレンドワイン 陰干し加え甘み凝縮

国内では珍しい陰干しぶどうを使った赤ワイン「クラフトバレーブレンド ルージュ」

 仙台市太白区でワイン醸造所「秋保ワイナリー」を運営する仙台秋保醸造所は、自社の畑で栽培したブドウを使った赤ワイン「クラフトバレーブレンド ルージュ」を発売した。「パッシート」と呼ばれる製法で自社のブドウを陰干ししてから造ったワインを、別のワインとブレンド。甘みや味わい深さが特徴だ。

 クラフトバレーブレンドは、自社栽培のブドウのワインをブレンドして造る新シリーズで、ルージュが第1弾。2016~18年に秋保の畑で収穫したメルロー種のブドウで造ったパッシートのワインと、契約農家が栽培した20年の山形産、山梨産のメルロー種のワインをブレンドした。パッシートの割合は14%弱。

 ドライフルーツのような香りや味わいが特徴で、甘みの中にブラックチョコレートのようなほろ苦さが感じられるという。

 パッシートはイタリアで用いられる製法で、ブドウを風通しのよい室内で陰干しして糖度を高め、半分乾燥した状態でワインを造る。国内での生産は珍しい。秋保ワイナリーは南北を山に挟まれた谷間に位置しており、冷涼な気候と吹き抜ける風を生かして陰干しぶどうを作った。

 同社は15年にブドウ栽培をスタートさせた。これまでは収量が安定しないため、自社ブドウのみのワインは一般向けに販売せず、契約農家のブドウで醸造したワインのみ販売していた。初めての自社ブドウのみのワインを年内にも売り出す予定だが、より多くの人に秋保産ブドウを使ったワインを届けたいと、ブレンドによる新シリーズを企画した。

 醸造所の鈴木大介さん(28)は「パッシートを活用した秋保ならではのブレンド。凝縮された甘みや香りを感じ、ブレンドによる飲みやすさもある」と話す。2本購入し、1本は1、2年熟成させて味の変化を楽しむのもお勧めという。

 750ミリリットル3960円。5000本限定。秋保ワイナリーなどで販売する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る