郡和子仙台市長 定例記者会見 4/19

定例記者会見で質問に答える郡市長

 郡和子仙台市長の19日の定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 5~11歳を対象にした新型コロナウイルスワクチンの1回目接種状況は。

 A 18日時点で7・4%になった。各家庭で接種を検討していると思うが、市としては円滑に接種できるようにしたい。ワクチンの供給量は十分にある。

 Q 3年ぶりに桜祭りが開催された「西公園」(青葉区)では、多くの花見客が密集した。

 A 主催者と共に注意喚起の看板を立てたりパトロールをしたりしたが、羽目を外した若い人が多かったようだ。自身はもちろん、家族や一般の方の健康を守るためにもいま一度、感染防止対策を徹底してほしい。

 Q 宮城県内で最大震度6強を観測した3月の地震で傾いた仙台城跡(青葉区)の仙台藩祖伊達政宗の騎馬像の修復見通しは。

 A 専門家の意見を踏まえ、5月中旬をめどに修復方法などが見えてくると思う。修復を終えるまでは、観光客が撮影できるような騎馬像の実物大の写真を現地に張り出すことを検討したい。

 Q 地震で断水した青葉区新川の西仙台ハイランド団地の住民が、民間管理水道の市移管を求めている。

 A 団地の水道管の設備や材質が市の水道管の基準に適合していない。まずは住民と水道の管理会社が話し合ってもらい、その後、市として話を伺いたい。

 Q 夏の参院選宮城選挙区での市長の立ち位置は。

 A 3月の地震被害への対応などで参院選のことを考えるいとまもなかった。私はどの党にも所属していない。仙台市長として市政を第一に考えたい。

 Q 栗原市の小学1年男児がため池で死亡した事故を受けた、仙台市のため池の緊急点検の見通しは。

 A 通常6月に行っていた点検を1カ月前倒しすると説明したが、緊急の度合いが高く、準備も整ったので今月18日に始めた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
知事・仙台市長 定例会見

 議会会期中を除き原則的に毎週開かれる村井嘉浩宮城県知事と郡和子仙台市長の定例記者会見の概要を速報します。

企画特集

先頭に戻る