ダム放流を虹色にライトアップ 大崎・鳴子で5月2~5日

 宮城県大崎市鳴子温泉の鳴子ダムで、ダムにたまった雪解け水を放水する「すだれ放流」と夜間のライトアップが5月2~5日にある。照明施設の更新で多色使えるようになり、初めて8色のレインボーカラーで照らす。

試験点灯でレインボーカラーにライトアップされたすだれ放流=昨年4月(鳴子ダム管理所提供)

ダム直下見学ツアーも開催

 東北地方整備局鳴子ダム管理所は、すだれ放流を間近で見られるように、ダム入り口ゲートを午前8時~午後9時に開放する。ライトアップは午後7~9時。期間中、管理所展示室ではダムカードの配布(午前8時半~午後5時)もある。

 すだれ放流に合わせ5月1~5日には、みやぎ大崎観光公社が、通常は入れないダム直下から放流を見上げる「ダム直下見学ツアー」を開く。1、5日はガイドが同行するノルディックウオーキングで、参加費2000円。2~4日は鳴子公園などを発着するバスツアーで2500円。

 ツアーの連絡先は、みやぎ大崎観光公社0229(25)9620。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る