FAQ

<アングル宮城>塩釜・古来の製法で藻塩作り 聖地から日本一を

 塩釜石などで組んだかまどに据えた大きな釜から、もくもくと白い湯気が立ち上る。塩釜市港町にある合同会社「顔晴(がんば)れ塩釜」の工場では、古来の製法で特産の藻塩が作られている。

 海藻のホンダワラの上から注いで塩分濃度を高めた海水を煮詰める。塩釜神社の末社・御釜神社に伝わる藻塩焼(もしおやき)神事に倣…

残り 166文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る