FAQ

サクランボ「冷凍」で通年活用へ 寒河江、第1弾「つや姫プリン」商品化

 山形県寒河江市観光物産協会などは、市の特産であるサクランボの通年活用を目指し、特殊な技術を用いた冷凍サクランボの開発を進めている。商品化第1弾となる「つや姫ぷりん 寒河江産さくらんぼ入り」が4月に完成、市内の道の駅で販売が始まった。

 冷凍サクランボは協会と市が2年前に開発を始めた。従来の空気冷凍で…

残り 383文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る