3年ぶり東下り行列、24万人を魅了 義経役・伊藤健太郎さんら練り歩く 岩手・平泉

義経役で練り歩く伊藤さん=岩手県平泉町の毛越寺

 岩手県平泉町で開催中の「藤原まつり」で3日、最大の呼び物「源義経公東下り行列」が3年ぶりにあった。新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止されていた。好天に恵まれ、観光協会によると、前回2019年の20万5000人を上回る24万人が詰めかけた。

 兄頼朝に追われて都落ちした義経が平泉で迎え入れられる場面などが再現され、義経役の俳優伊藤健太郎さん(24)ら総勢約90人の行列が毛越寺を出発。中尊寺金色堂までの約4キロを歩き、歴史絵巻を展開した。

 沿道では観光客らが一行に声援を送った。奥州市水沢小6年千田楓河君(11)は「伊藤さんは本当の義経みたいに格好良かった」と話した。まつりは5日まで。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る