FAQ

宿場町にテレワーク施設 宮城・富谷市が空き家改修、整備へ

 宮城県富谷市は本年度、江戸期の宿場町だった同市富谷新町地区に、企業向けのテレワーク施設を整備する。国のデジタル田園都市国家構想推進交付金を活用し、地区にある空き家を改修。旧宿場町の活性化に役立てる考えだ。

江戸期は「荷宿」

 市によると、施設は事業者がテレワークに使う複数の部屋と共有スペースとなるシェ…

残り 451文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る