日本産食品輸入規制 復興相、欧州委に撤廃働きかけ

欧州委員会委員に規制撤廃を訴える西銘復興相(右端)=3日、フランスの欧州議会(復興庁提供)

 西銘恒三郎復興相は10日の閣議後記者会見で、欧州訪問(1~6日)の成果を説明した。欧州連合(EU)欧州委員会の委員らに東京電力福島第1原発事故に伴う輸入規制撤廃を働きかけ、「交渉の第一歩となった」と手応えを語った。

 西銘氏は3日、フランス・ストラスブールの欧州議会を訪問。保健・食品安全、農業の各担当大臣、対日議員連盟の代表議員とそれぞれ会談し、国内の食品放射能検査の厳格さを訴えた。各大臣との会談内容は明らかにしなかったが、議員は「他の議員にも説明する」と答えたという。

 西銘氏は「科学的根拠に基づいた説明は理解してもらった」と強調。英国の6月末までに撤廃する方針を受け「EU側が(撤廃を)考えるきっかけになる。引き続き規制が残る14の国と地域にも働きかける」と述べた。

 欧州訪問中には、欧州最大の科学技術研究機関のドイツ・シュツットガルトのフラウンホーファー研究機構を視察。今後、国が福島県内に開設する福島国際研究教育機構との連携可能性を模索するという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

企画特集

先頭に戻る