液体肥料で海を汚さないコメ作り 「プラごみ排出なし」目指す

 新みやぎ農協(宮城県栗原市)は11日、気仙沼市波路上原の水田で、樹脂の皮膜に覆われた粒状の肥料ではなく液体肥料を使うことで、海洋プラスチックごみを排出しないコメ作りを目指す実証試験を実施した。

新みやぎ農協が実証実験

 溶け出す時期を調節し、追肥の手間を省く粒状肥料は広く使われる一方、残った皮膜が海洋…

残り 388文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ