ウクライナ侵攻に当時よみがえる 元国鉄職員、機銃弾2発貫通の痛み今も

 太平洋戦争末期、鉄路の要衝だった小牛田駅周辺(現宮城県美里町)が標的になった小牛田空襲。20人以上が犠牲になったとされる空襲で、銃撃を受けた大崎市田尻の元国鉄職員小野寺煌治さん(92)の手記が、美里町で開催中の「遠田平和展」で公開されている。当時の体験を小野寺さんに聞いた。
(小牛田支局・横山浩之)…

残り 1001文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ