閉じる

JR陸羽西線、廃線に危機感 国道トンネル工事で2年運休

 山形県新庄市の新庄駅と庄内町の余目駅を結ぶJR陸羽西線(10駅、43キロ)が14日、並行する国道トンネル工事のため約2年の全線運休に入った。運休期間中、JRは代替バスを運行する。沿線の過疎化が進む赤字路線だけに「2年も運休したら廃線につながるのでは」と住民らから不安の声が上がっている。

「運行困難」…

残り 853文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集