義経の「限定御朱印」31日まで 岩手・平泉の高館義経堂

 源義経が1189年に自害した場所と伝わる岩手県平泉町の高館義経堂(たかだちぎけいどう)は、義経にちなんだ紙札の限定御朱印を配布している。1人1枚限定、700円。31日まで。

 縦約15センチ、横約10センチで、はがき程度の大きさ。紺色の和紙に金色で「源義経」などの文字、銀色で義経の家紋「笹竜胆(ささりんどう)」の印が記される豪華な仕様だ。

 高館義経堂は世界遺産・毛越寺から約1キロ北東にある飛び地境内。俳聖松尾芭蕉が1689年、奥州藤原氏の栄華をしのんで「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」の句を詠んだ地でもある。

 義経堂札所の営業時間は午前8時半~午後4時半。連絡先は毛越寺0191(46)2331。

源義経の限定御朱印
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る