閉じる

「勤労者皆保険」提唱 負担の形、示すことが先決だ 社説(5/31)

 岸田文雄政権が全世代型社会保障構築本部の中間整理で「勤労者皆保険」の実現を打ち出した。働く人なら誰でも会社員と同じような被用者保険(厚生年金・健康保険)に加入できるようにしようという考え方だ。

 「働き方に中立的な社会保障制度」(岸田首相)の構築を目指すというが、例によって財源論を組み込んだ抜本策は…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ