FAQ

衆院10増10減勧告 実現の上で抜本改革に移れ 社説(6/19)

 衆院選の「1票の格差」を是正するため、衆院選挙区画定審議会(区割り審)は小選挙区の「10増10減」に伴う新しい区割り案を決定し、岸田文雄首相に勧告した。

 宮城、福島など10県が1減、首都圏4都県と愛知県は10増となった。区割りの見直し対象は25都道府県の計140選挙区に上り、いずれも過去最多の規模…

残り 975文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る