FAQ

民俗芸能伝承、女性が存在感 過疎化進み担い手多様に

 神事を理由に、かつては地域に伝わる民俗芸能に女性が参加できないことが少なくなかった。ただ、少子化や地域コミュニティーの縮小を受け、東北で女性が存続の鍵を握るケースが目立っている。伝承の主要な担い手として活躍する現場を取材した。(生活文化部・会田正宣)

 「神楽は男性のもので女性はできないと思っていた…

残り 1650文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。


企画特集

先頭に戻る