異例の18日間選挙戦スタート 福島・浪江町長選告示

福島県浪江町役場

 任期満了に伴う福島県浪江町長選が22日告示され、ともに無所属新人の元県議会議長吉田栄光氏(58)と、会社経営高橋翔氏(34)の新人2人が立候補を届け出た。投票は7月10日で即日開票される。

 選挙期間は参院選と同じで、町長選として異例に長い18日間。町選管は「東京電力福島第1原発事故で今も町外に避難中の住民が多く、参院選と町長選の期日前投票を一度にできるように合わせた」と説明する。

 原発事故で一時全住民約2万1000人が町外に避難した。2017年に町中心部で避難指示が解除されたが、今年5月末現在の町内在住者は1878人(町民全体の11・8%)にとどまる。町外に住む有権者が多く、町長選の選挙期間は過去2回、通常(5日間)の2倍の10日間に設定された。今回はさらに8日間延ばした。

 両候補は東京電力福島第1原発事故からの復興策などを掲げる。21日現在の有権者は1万4315人。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る