金華さば?いいえ「竈さば」です! 塩釜の水産加工会社、ブランド化に挑む

 水産物の輸入や加工販売を手掛けるYAMATO(ヤマト、宮城県塩釜市)が、石巻市の金華山沖で秋から冬にかけて漁獲され、塩釜市魚市場に水揚げされたサバを「竈(がま)さば」と名付け、ブランド化に取り組んでいる。金華山沖を含む青森から茨城県沖で同時期に漁獲される大型サバは、石巻魚市場に水揚げされるとブランド魚「金華さば」になる。同社は「竈さばも金華さばと同等の品質」とPRし、塩釜の魚の付加価値向上を目指す。

独自ブランド「竈さば」を使った商品をPRする都留社長

500グラム以上の大型だけ

 主力商品は昨年6月に発売したサバ缶「竈さば缶」(内容量170グラム、固形量110グラム)で、水煮とみそ煮の2種類。1尾500グラム以上の脂の乗った大型だけを扱うのが特徴。製造は水産加工業の木の屋石巻水産(石巻市)に依頼した。ブランドは塩釜の正式名称「塩竈」にちなんだ。

 竈さば缶は1個350円で、塩釜市魚市場や市役所の売店で販売する。ヤマトのEC(電子商取引)サイトで扱うほか、市のふるさと納税の返礼品にも選ばれた。今後はカレー味などの開発も検討する。

 同社のメインは水産加工用の海外原料の輸入。地元企業として地場の魚を扱おうと、東日本大震災後に近海物のサバやサンマ、イワシを保管する凍結工場を整備。塩釜市魚市場へのサバ漁船の誘致に参加し、8、9年ほど前に受け入れを始めた。

 石巻魚市場に水揚げされた一定基準以上のサバは金華さばとして、高値で取引される。石巻以外に水揚げされたサバは金華さばと呼ぶことはできないため、同社は独自ブランドの「竈さば」として販売を始めた。

燻製した生ハムも

 サバ缶以外にも、三枚おろしにして骨を取り除いた半身をECサイトで一般客向けに販売。超低温で燻製(くんせい)した生ハムも扱う。

 塩釜市魚市場は生鮮マグロの水揚げが中心。かまぼこなどの水産加工業者は原料を輸入などに頼る状況が長く続く。市場の水揚げ増には、サバなど近海の「前浜もの」の取り扱い拡大が鍵となり、市や水産業界が一体となった取り組みを進めている。

 同社の都留城太郎社長(51)は「高品質なサバで良い商品を作り、塩釜の土産品などとして定着させたい。使用するサバを市魚市場から購入し、水揚げ増や取り扱い魚種の拡大にも貢献していく」と力を込める。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る