FAQ

日ロ関係の悪化、サンマ船に影 三陸漁業者 拿捕警戒し漁場へ遠回り

 ロシアのウクライナ侵攻が続き、国内屈指の水揚げ量を誇る三陸のサンマ漁業者に今季の漁への不安が広がっている。日本の対ロ制裁が要因とみられる両国関係の悪化で、ロシア海域での操業や航行の安全性が不透明なためだ。昨今の記録的不漁に燃油高騰も重くのしかかり、関係者は国際情勢を注視する。(気仙沼総局・鈴木悠太…

残り 791文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る