個人データ持ち出しにGPS付き専用ケース 尼崎USB紛失受け名取市が導入

外部に個人情報データを持ち出す際に使う位置情報追跡ケース

 宮城県名取市は29日、個人情報データを外部に持ち出す場合の専用ケースを導入すると発表した。ダイヤルキー付きで移動中の開封を制限するほか、衛星利用測位システム(GPS)で位置情報を追跡できる。

 兵庫県尼崎市で全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーが紛失したのを受け、情報管理態勢のさらなる強化を図る。

 市によると、バッグは3個導入(1個約1万円)。担当者が個人情報データを暗号化したDVDなどを持ち運び、受け渡し先に到着したら、ダイヤルキーの番号を市役所から電話で伝えられるという。

 外部とデータをやりとりする場合は専用回線を通じて行うのが原則だが、給付金制度の創設などで新しいシステムを構築する際に持ち運ぶことがある。山田司郎市長は同日の定例記者会見で「個人情報の保護とビッグデータの利活用という両輪を進めていきたい」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る