FAQ

福島第2の防護区域ID紛失 東電、悪用の有無調査

 東京電力は19日、福島第2原発で使用するIDカード1枚を紛失したと発表した。カードは原子炉建屋周辺に設定された防護区域のうち、中央制御室を除くエリアに行き来するために使う。東電は不正利用の有無を慎重に調べている。

 東電によると、2012年2月まで第2原発に勤務していた30代男性社員が紛失し、16日…

残り 179文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る