仙台工業高に爆破予告の張り紙 仙台東署、威力業務妨害容疑視野に捜査

(写真はイメージです)

 1日午前6時20分ごろ、仙台市宮城野区の仙台工業高の正門に爆破を予告する張り紙があるのを職員が見つけた。通報を受けた仙台東署は威力業務妨害容疑も視野に調べている。

 仙台市教委などによると、張り紙は1枚で「午前10時37分に爆破する」「爆弾を仕掛け、1日から2日にかけて爆破する」「3カ所に設置した」といった趣旨の文章が手書きでつづられていた。同校は午前10時過ぎまでに生徒を下校させた。不審物は見つかっていないという。2日も生徒の部活動などでの校内への立ち入りを禁止する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る