閉じる

研究職、改善進まない労働環境 パワハラ被害の訴え届かず <参院選・暮らしどこへ>

 メールを開くと動悸(どうき)がする。パソコンを操作する手が震える。仙台市にある大学の工学研究科で特任助教だった鈴木幸一さん(40)=仮名=は当時の記憶に今もさいなまれる。

 「この作業なら2週間で十分」「研究ストーリーが描けていないと言っているに等しい」「貴君が仕事をしない分、(周りに)多大な負担が…

残り 914文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより