FAQ

宮城の待機児童、最少を更新 保育所整備進み定員増、新たに仙台など7市町で解消

 宮城県は28日、保育施設に入所を希望しても入れない県内の待機児童数が4月1日時点で75人だったと発表した。仙台市が44人からゼロになるなど前年同期を147人(66・2%)下回り、記録が残る1998年以降で最少を更新した。

 保育所の新設や認定こども園への移行で、保育定員数が増加。4月1日時点で前年同…

残り 344文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る