FAQ

願い事、風の旋律に託す<ふるさと音便り>

 静寂に包まれた神域を一陣の風が吹き抜ける。風鈴の澄んだ音色が一斉に鳴り響き、そよぐ短冊とともに涼感をいざなう。

 「東北のお伊勢さま」と呼ばれている南陽市の熊野大社。2018年から始まった夏の神事「風の音(ね)ふうりん」は9月末まで続く。満願成就を祈り、風情も感じられると好評だ。

 ガラス製の江戸風鈴…

残り 181文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る