閉じる

漁網リサイクル、意識高まる 宮城・気仙沼 海洋プラごみゼロへプロジェクト

 使い古した漁網を回収し、別の新しいナイロン製品に-。「海と生きる」をスローガンに掲げる気仙沼市が、漁網の廃棄ゼロを目指すプロジェクトに取り組んでいる。豊かな海の保全は持続可能な開発目標(SDGs)にも掲げられている。恵みを次世代につなぐため、漁業者と共に深刻化する海洋プラスチックごみ問題の改善を図…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ