FAQ

プロテイン麺にSDGs意識のピザ店 山形の飲食店、コロナ禍で攻めの新機軸

 新型コロナウイルスの感染拡大による苦境を乗り切ろうと、山形市内の2軒の飲食店が工夫を凝らした商品開発や店舗展開を進めている。老舗そば店は「筋肉ブーム」に対応したプロテイン入り中華麺を販売。ピザ店は、持続可能な開発目標(SDGs)を意識して地元産食材を無駄なく使う商品を提供する。

ざる中華1食に30・…

残り 886文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る