閉じる

送信メール11万2000件に 宮城県警サーバー不正中継被害

 宮城県警が管理するメールサーバーが何者かに悪用されて不特定多数へのメールの不正中継に使われた問題で、県警は10日、送信されたメールの総数が約11万2000件に上っていたと発表した。6月公表時には約5万8000件としていた。

 県警によると、5万8000件は情報管理課が集計した。その後、捜査のために県…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ