救命銃ゴム弾、飛びすぎて車破損 宮城・登米の消防本部で訓練中

宮城県登米市

 宮城県の登米市消防本部は14日、13日の訓練中に救命索発射銃のゴム弾を誤って消防本部の敷地外に飛ばし、隣接地に駐車していた散水車の助手席側のドアとガラスを破損したと発表した。けが人はいなかった。消防本部が原因を調べている。

 13日午後3時10分ごろ、署員5人が消防本部の駐車場で訓練中、口径63ミリの救命索発射銃を使用した。通常は約50メートルの飛距離で訓練するが、約80メートル飛んでしまったという。

 救命索発射銃はゴム弾にロープが付いていて、川の対岸や高所に飛ばすなどして救助活動に使用する。

 大森透消防長は「一歩間違えれば大事故につながるものであり、再びこのようなことがないよう安全意識を一層高めていきたい」とのコメントを出した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る