閉じる

救命銃ゴム弾、飛びすぎて車破損 宮城・登米の消防本部で訓練中

 宮城県の登米市消防本部は14日、13日の訓練中に救命索発射銃のゴム弾を誤って消防本部の敷地外に飛ばし、隣接地に駐車していた散水車の助手席側のドアとガラスを破損したと発表した。けが人はいなかった。消防本部が原因を調べている。

 13日午後3時10分ごろ、署員5人が消防本部の駐車場で訓練中、口径63ミリ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ