女性助けようとクマに男性体当たり 仙台・上愛子で散歩中の2人けが

自動カメラで撮影したツキノワグマ=2016年秋、仙台市泉区の泉ケ岳

 14日午前7時40分ごろ、仙台市青葉区上愛子の市道で、ともに同区の40代の会社員女性と会社員男性が散歩中にツキノワグマに襲われた。女性は右腕をかまれるなどして軽傷を負い、男性も右肩などに軽いけがをした。

 仙台北署によると、現場は青葉区のサイカチ沼に続く市道で、愛子小の南西約750メートル。2人が歩いていたところ、体長1メートルほどのクマ1頭が現れ、女性を襲った。男性が体当たりすると逃げていったという。

 宮城県自然保護課によると、県内の本年度のクマの人身被害は3件(4人)目。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る