FAQ

「町民を最期まで支える場に」 震災時の公立志津川病院長、鈴木隆医師が引退

 東日本大震災で全壊した宮城県南三陸町の旧公立志津川病院で院長を務め、後継の南三陸病院でも診療に当たった鈴木隆さん(70)=仙台市泉区=が、7月末に医師を引退した。河北新報社などの取材に医療再建の歩みを振り返り「町民を最期まで支える病院で在り続けてほしい」と願った。

地元での再建に尽力

 鈴木さんは福島…

残り 744文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る