閉じる

警察官から容疑者と誤認された男性 精神的苦痛受けたと宮城県を提訴

 宮城県警の警察官から監禁事件の容疑者と誤認され、精神的苦痛を受けたとして、青森県八戸市の男性が19日までに、宮城県に100万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

 訴えによると、男性は昨年9月、宮城県気仙沼市の建設現場で作業中、複数の警察官に囲まれた。警察官は男性の氏名を尋ねることもなく「…

残り 332文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ