FAQ

青森・大間のクロマグロ漁業者ら20人に出漁禁止処分 水揚げ量報告の義務怠る

 青森県は19日、高級なすしネタや刺し身として人気が高いクロマグロの漁獲量について、2021年度に約59・8トンの未報告の違反があったと明らかにした。漁業法では水揚げ量の報告が義務付けられており、漁業者20人には漁船に出漁を禁じる「停泊命令」の処分を下す方針。

 県によると、報告された漁獲量が不正確と…

残り 454文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る