FAQ

<東北の本棚>編集人の危機感と自負

小さな出版社のつづけ方 永江 朗 著

 人生の多くを働いて過ごすなら、好きなことを仕事にしたい。歌手やスポーツ選手、ベストセラー本を作る編集者など、誰もが子どもの頃に憧れた職業があるだろう。本著には本を作る夢を実現した人たちが、出版社の誕生前夜や現在の思いを語る。充実した時間と苦労を重ねる姿を丹念に追…

残り 609文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。


企画特集

先頭に戻る